土日祝日に最短でお金を借りる方法とは

会社が休みの時に急にお金が必要になることもあるでしょう。

緊急で2、3万円程度のお金がいる場合には、手持ちのクレジットカードにキャッシング枠を付けていれば、コンビニや駅に設置されているATMを利用して、借り入れする方法もあります。

ただし、金利が高めなに設定されていることもありますので、できるだけ早めに返済するようにしましょう。

 

金利が日割りになりますので、可能であれば支払日が到来する前に事前にできるだけ多く返済するのもおすすめです。

ただ、クレジットカードのキャッシングは、締め日の翌月の一括払いが基本ですので、一度に支払いきれない場合は、リボ払いとなりますので注意してください。

土日の審査が可能かどうかは業者によって異なる

できれば、土日や祝日でも、今すぐ借り入れの審査に対応できる金融機関に申し込みをした方がいい場合があります。

特に10万円ほどのまとまった金額が必要な時は、カードローンの利用をおすすめします。

借りる場合にも手間がかかりませんし、返済をする際も事前の連絡がなく、ATMからできたり、専用の会員サイトを利用して手続きができたりするからです。

 

土日祝日の審査に対応できるのは、大手の消費者金融と大手の一部の銀行のカードローンです。

ただし、銀行の申し込みの場合は、土日祝日の対応はごく一部の店舗に限られますので、地域によっては難しいことが多いでしょう。

 

消費者金融の場合は、ネット申し込みも可能ですし、対面型の店舗は少なくても、駅前や駐車場の完備されている幹線道路沿いに無人の契約コーナーが設置されていることがありますので、ネット申し込みが不可能な方でも申し込みができます。

契約コーナーは、夏季や年末年始の長期休暇以外は対応できることが多く、比較的稼働時間が長いです。

即日融資ならコールセンターに連絡すると早い

即日融資を希望する場合にも、電話やネットで申し込みをし、途中で契約コーナーまで出向いてローンカードを発行することも可能になっています。

ローンカードがなくても借りられる所もありますが、土日祝日に借りる場合には、振込キャッシングに対応できない銀行口座が多いので、ローンカードの発行をおすすめします。

 

休み中は混み合うことが予想されますので、午前中にできるだけ早く、インターネット申し込みをしておくといいでしょう。

パソコンでも、スマートフォンでも構いませんので、家でも手続きができますし、出先で急に必要になった時でもできます。

コールセンターの受付が可能な時間帯であれば、借り入れを急いでいることや、即日融資の希望を伝えれば、優先的に早めの審査をお願いすることもできる所もあります。

 

電話の後で担当者から支持された書類を送信し、審査が通れば、契約機に出向いてローンカードを発行できます。

その場で借り入れができますので、原則として24時間稼働しているコンビニのATMから操作すれば、都合に合わせて借りることができるでしょう。

インターネットが使えない場合は、コールセンターに電話で申し込みをして、担当者に相談してから、契約コーナーに出向くといいでしょう。

担当者に早く契約したいことを伝えれば、最寄りの契約機の設置場所を案内してもらえることもあります。

 

何故、電話をした方が良いかと言うと、申し込みに必要な書類を教えてもらえ、事前に揃えて契約機に持って行けますので、後で書類が足りずに二度手間になることがありません。

書類の提出も契約、カードの発行に至るまで契約機から全て行えます。

審査には本人確認と在籍確認が必要になる

申し込みに際して必須となるのは、本人確認の書類です。

運転免許証があればそれだけで済みますが、健康保険証やパスポートを使う場合には、追加の本人確認書類を求められることがあります。

50万円を超える借り入れを希望する場合や、他の借り入れと合算して100万円の利用額を超えそうな場合には、源泉徴収票や確定申告書等の収入を確認できる書類も必要となりますので、用意しておくといいでしょう。

 

消費者金融のカードローンの審査には、勤務先への在籍確認がつきものですが、土日祝日に勤務先が休みの場合は電話に出る人がいないので、在籍確認が難しく、即日融資ができないのではと疑問に思う方もいるでしょう。

消費者金融では利用者の利便性を考えているので、在籍確認が難しい場合でも対処できる所が多いです。

申込者が勤務先として挙げた会社は、地図や電話帳で所在地が確認できますが、勤務していることは確認できません。

その場合は、確実に会社に勤めていることが容易に判明する書類を提出すれば、在籍確認の代替として認められることがあります。

 

最も一般的なのは、会社名が入った健康保険証や、直近の給与明細書です。

比較的用意しやすい書類だと思われますが、国民健康保険証や社名が記載されていない給与明細書の場合は認めてもらえませんので、注意してください。

 

その他の書類では、入社した時の雇用契約書や、顔写真入りの社員証でも認める所もあります。

手元に用意できない場合は、勤務先の営業中に在籍確認をしてからでないと難しいこともあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です